マンション管理会社の役割をチェックしよう

業務内容は契約内容によって異なる

マンションでは、管理組合がありマンションの維持管理などをするために区分所有者全員で構成されています。管理と一口にいっても、多岐にわたる点から管理業務のすべてをこなすということは難しいため、管理業務をマンション管理会社に委託する傾向があります。この委託に関しても、管理業務のすべてもしくは一部を委託するなどマンションによって契約内容によって異なります。マンション管理会社の役割として主な業務内容は、事務管理業務や清掃業務、建物や設備に関しての管理業務などが挙げられます。事務管理は、重要な業務の一つです。管理費や修繕積立金など集める必要があり、資金がきちんと集まっていないと修繕などがしっかりとできない状況となりかねません。そのため、事務管理に関しての業務はかなり重要といえるでしょう。清掃業務は、基本的に建物全体的に行うことになります。日常的な業務としてゴムの回収などがありますが、それ以外にも外壁や窓ガラスなども定期的に清掃を行うことになります。人が住む場所であるため、清掃業務も定期的にきちんと行う必要があるため管理会社が行ってくれることで清潔な状態を保ちやすくなるでしょう。その他にも、設備なども定期的な点検やメンテナンスなども必要なため委託しておくことで、安心して生活ができます。それ以外には、管理員の常駐やその他の業務などをこなしてくれます。

マンションの管理方式もチェックしておこう

マンションの管理方式は、大きく分けて三つの方式があります。一つは、自主管理です。管理組合が直接管理をする方式で、外部に対して委託などを行わないため管理費などが安く済ますことができるという点はメリットです。二つ目は、全部委託方式です。これは、管理業務を管理会社に委託するため管理組合の負担はあまりありませんが、業務をきちんと管理会社が行い役割を果たしているかしっかりチェックしておかないと、任せきりの状態では把握できない部分が出てきてしまう可能性がありトラブルとなってしまう可能性もあります。三つ目は、一部委託方式です。清掃や設備に関しての管理業務を管理会社に一部委託する方式のため、ある程度管理費を節約したい場合には有効な手段といえます。管理組合でもマンション管理に関してある程度関わるため負担などもありますがすべてを管理会社に任せるわけではないため、ある程度マンションの状況などを把握しやすい傾向があります。

管理会社選びをすることも大切なポイント

マンション管理をマンション管理会社に委託するという場合には、きちんと選ぶことも大切です。基本的に、どの管理会社に委託してもしっかりと対応し役割を果たしてくれることが理想ですが、管理会社によっても丁寧に対応してくれるかどうかは実際に委託してみなければわからないこともあります。ですが、委託するための交渉の際の対応の仕方や態度などからきちんとしている会社かどうか判断できる場合もあるため、複数の管理会社に交渉をしてみて比較することも大切です。