入居者同士でトラブルが起きないよう対処します

入居者が安心して暮らせるようマンション管理会社では入居者管理業務を行っています。募集契約やトラブルの対応、家賃の催促などです。部屋がすべて埋まっていればいいですが空室なら家賃収入はありません。空室ができたら入居者募集をかけたり内覧を行います。入居付けで無事希望者が見つかれば賃貸契約書を交わして契約します。入居者は敷金・礼金などの費用を支払わないといけません。住んでいて騒音や異臭など不具合やトラブルが生じた場合も対応しなければいけません。オーナーは家賃滞納者がいれば申請し、滞納家賃を回収してもらいます。住んでいた人が退去するなら、退去時に立会って原状回復のめどをつけます。修繕や敷金の精算を行い原状回復します。アパートもマンションも入居者で埋まることで家賃収入を得られます。収入に直結するので入居者管理業務を行ってもらうのは必要不可欠でしょう。

日常的な清掃や点検業務も欠かせません

物件は何らかの原因による経年劣化が避けられません。マンション管理会社では物件や設備の点検修繕などを行う建物管理業務も担っています。物件の資産価値の低下を防ぐために常に維持管理をしています。日常的な清掃から点検、クリーニングやリフォームも行っています。外観や内装が汚れていれば入居者も快適さを享受できなくなります。汚れによっては建物そのものが劣化する可能性もあるのです。例えば外壁のひび割れが起きると隙間から雨が染みこんで雨漏りの原因となります。トラブルを未然に防ぐためにもエントランスホールや共用廊下などはこまめに清掃しましょう。頑固な汚れはプロの外部業者に委託する手もあります。高圧洗浄や専用の薬品を使用してピカピカにしてもらいましょう。エレベーターが設置されたマンションは法律により定期的な検査が必須です。退去する人が現れたら次の人のためにもクリーニングを手配します。このように賃貸物件に関するあらゆることをサポートするのがマンション管理会社です。

どういった会社を選んで任せればいいのか

マンション管理会社に必要なのは客付け力です。入居者募集をかけたときに入居者を素早く見つけて契約に至るかどうかになります。客付け力が高ければ営業に優れており、空室の期間を短く抑えることが期待できるでしょう。この点は物件の入居率や不動産ポータルサイトを見て判断しましょう。ネットやアプリを使う昨今は不動産ポータルサイトへの登録は必須といっていいでしょう。登録して終わりではなく、詳しい情報や写真が多く差別化されていれば理想です。管理を委託するときにオーナーは管理委託費を支払います。宅地建物取引業法による上限が設けられていないので費用設定は各社で差があります。通常は家賃収入の3%~8%が一般的なので高すぎると負担になります。家賃収入を圧迫せずに費用に見合った業務であるかが大切なポイントとなります。長期間物件を運用するなら、管理会社の担当者の対応力も肝心です。担当者は相性もありますが、気軽に相談しやすく返答が早いかどうかもみましょう。返答まで時間がかかるとオーナーだけでなく入居者にも不満が溜まってしまいます。不動産経営を安定させるには報告・連絡の頻度も事前に確認しておいた方がよいでしょう。

マンション管理をトータルサポート致します。 賃貸マンション・ビル・施設等あらゆる管理を承ります。『なんでも管理部』に是非ご相談ください。 他社との違いは分譲マンションの管理に加え、賃貸マンションやビル等のあらゆる管理を請け負う会社だということです。 建築・不動産に精通した少数精鋭の頭脳集団として、最適なマンション管理サービスをご提案します。 マンション管理会社は株式会社ライフポート西洋へおまかせ!